【U-6】スーパーキッズ大会報告

2013YFAスーパーキッズサッカーフェスティバルGoal16(32団体 48チーム 491名)に太尾FCは6名が個人参加、一本松SCの2名と太尾一本松チームを結成して試合を楽しみました。

・日時 6月29日(土) 9:00~11:30

・会場 横浜みなとみらいスポーツパーク

・対戦
1:太尾FC&一本松SC 2-3(1-2, 1-1) エストレーラFC
2:太尾FC&一本松SC 1-1(0-1, 1-0) 横浜F.マリノス
3:太尾FC&一本松SC 13-0(6-0, 7-0) FC本郷


・内容
1:エストレーラFC戦 × 2-3(1-2, 1-1)
U6になって初めての対外試合、「ボールに行こう」と話して試合に送り出します。
ところが、試合開始直後の1分、2分に立て続けに失点してしまいます。
その後、次第にボールに絡む様になり、5分にS君が1点を返して前半終了。
ボールに行っても蹴るだけの選手が多かったので「ボールに行って、ゴールに向かおう」と話して後半を迎えます。
後半は前半よりも積極的にボールに行きますが、相手に1点を追加されてしまいます。
しかし選手の動きはどんどん良くなり、後半4分にK君がゴールを奪い2-3としますが、そのままタイムアップとなりました。

2:横浜F.マリノス戦 △ 1-1(0-1, 1-0)
相手がマリノスと言うだけで萎縮してしまいそうな選手に「チーム名で勝負は決まらない」と励まし元気に試合に臨みます。
ほぼ7割近くを相手陣内で試合を進めるも、6分に自陣のコーナーキックから混戦の中で失点して試合を折り返します。
後半2分にS君の蹴ったコーナーキックが相手選手に当り、試合を振り出しに戻す1点を奪います。
その後も守る時は速く戻ってシュートを打たせず、最後まで優勢に攻め続けます。
しかし数多く撃つシュートがゴール枠内に収まる事無く1-1で試合終了の笛を聞く事になりました。

3:FC本郷戦 ○ 13-0(6-0, 7-0)
勢いが1試合毎に増している太尾一本松チーム。
開始5秒で1点を先取するとゴールラッシュが始まり、前半をS君の4点、Y君の1点、T君の1点で6-0として終わります。
後半の勢いは前半を上回り、S君が4点、Y君が3点を上げ、結局13-0で試合を終了しました。

1試合目よりも2試合目、前半よりも後半、と試合経験に合わせて積極的に動く様になった太尾一本松チーム。
その中で選手は、試合に負けた悔しさ、勝った試合の嬉しさを感じる事が出来たかな。

今回の結果は1勝1敗1分と勝ち越す事は出来ませんでしたが、一本松SCの選手サポーターも含めて勝ち負け以上に楽しめた大会だったと思います。

サポーターの素晴らしい声援は選手の一番のパワーの源です。これからも熱いご声援を宜しくお願いします。
有難うございました。

N廣コーチ

広告