【2年SL】市大会決勝トーナメント報告 嬉しいベスト16

2年生の第40回横浜市春季少年サッカー大会(SL)の決勝トーナメント最終結果をご報告いたします。

二回戦
太尾FC 3-2 KAZU.SC-B

2年生でも市大会決勝Tに残るチームは団子サッカーではありません。

太尾FCがめずらしい。

守備の仕方などまだ教えていないので、どのくらい詰めたらいいのか。
一気にいったらいいのか。
すべて個人任せです。

ちょっとドリブルのイメージがある選手にかかると、軽くあしらわれてしまいます。

そこは太尾FCのプレスでなんとか・・

プレスしきれないのです。相手が上手いと感じた太尾FCの選手は弱気がでてしまいます。
そこをつかれて前半先制するも、逆転をゆるす展開。

ハーフタイムに自信をつけさせ、弱気にならず攻撃しようと指示。

その結果、右サイドをドリブルで駆け上がり、ミドル気味のシュートが2本つづけて決まる。

打ってみるもんだな、シュートは。。と痛感。

チーム力は相手が上だが、勝っちゃたという試合。
これもサッカーです。

三回戦
太尾FC 1-2 品濃ウィングス

品濃ウィングスさんは、以前見ていた学年でも強かった強豪クラブ。

2年生からでもポジションを理解しサイド攻撃を仕掛けてきます。

この学年でもサイドに速い選手がいて、得点源になっているようです。

チーム力は相手が上なので、しっかり守って、ぐだぐだな試合にならないよう気合いを入れる。

はじまってみると、速さと上手さに、皆弱腰。
ピンチを凌いだものの、太尾FCの中心選手がそれをみて、後方へ下がってしまう。

ああ、それではチャンスがあっても得点できないぞ・・・

彼の気持ちも分かるので、仕方ありません。

結局8分、17分に失点。
ここで太尾FCのエースが、守ってばかりいても仕方ないとやっと感じたのか、そこから一気に前線へ。
18分に1点。その後もチャンスをつくるも、相手は複数でしっかりディフェンス。

1-2で敗退。

よくやったと思います。
自信もついてきました。
が、いい気になってはダメです。
ちっともサッカーが上手くないのですから。
練習して、上手くて強いチームになりましょう。

2年春の横浜市大会は、ベスト16。

N監督