【2年1年SL】区大会報告 価値ある準優勝!

2年生の第29回港北区サッカー協会大会(SL)の結果をご報告いたします。
市大会後半と重なり試合ばかりとなってしまいました。

予選ブロックは1位通過。
1年生3名も参加させていて、チャンスがあればピッチに立たせました。

1年生では、駒林の1年生が素晴らしかった。

近年、U6カテゴリーから育成がはじまっておりその成果が現れつつあるのでしょう。

太尾FCも頑張らねば。

市大会で自信をつけた太尾FC2年生。
区大会でも快進撃。

太尾FC 7-0 大豆戸B
太尾FC 2-1 エストレーラ
太尾FC 3-0 つばさA
太尾FC 0-0 駒林B
太尾FC 4-0 つばめB
太尾FC 3-0 菊名

予選 5勝1分け 1位

————–

決勝トーナメント 三ツ池公園

準決勝 三ツ池公園

太尾FC 4-1 3BSC-A

足の速い選手に、要注意の3BSC。
苦戦すると思っていましたが、守備の意識が持てるようになってきたのか、しっかり跳ね返し、それをチャンスにしています。

この日はエースが仲間を信じ、下がりすぎなかったことがよかった。
絶好調で4得点。
3BSCを撃破し、決勝へ。

決勝 大豆戸小

太尾FC 0-2 駒林SC-A

駒林さんは、1年生から20名を超すチームでこの学年は港北区屈指の強豪。

数ヶ月前の練習試合などでは、まったく歯が立たない感じでした。

太尾FCのエース級が3人いるようなチームですから、まずは崩されないよう、3バックに指示。

直前に少し練習した守備練習が活きればいいのだが。。

決勝戦の結果は0-2。

正直、よくやったと思います。
チャンスもありました。
決められないのは、技術の差です。
練習量の差です。

守備もよく頑張りましたが、やはり経験が足りませんでした。

2年生は、市大会区大会と、公式戦を積んでいくことでどんどん強くなってきました。
自信もつけてきました。

しかし、蹴る止めるが上手くなっているわけではありません。

個人の蹴る止める練習を、もっとやっていきましょう。
その上で、守備や攻撃の練習も。

決勝戦の悔し涙を、秋の大会ではらそう。

焦ることはありません。

6年生になったときに、これまでで最高のサッカーができるように。
そこを目指して。

サポーターの皆さんも、楽しんでください。

勝利はよろこびですが、
それを超える成長の大切さを忘れないで。

選手とともに戦い、ともに育ちましょう。

太尾FC2年1年(SL)、春の区大会は準優勝です。

N監督

広告