【4年LL-B】見事な連勝スタート!

4年(LL-B)の区大会1日目の報告です。

11月23日 高田小学校
vs城郷SC-A 1-0(0-0、1-0) 得点:Sゴ

春の区大会では予選を2位で突破したものの、決勝トーナメント1回戦で敗退。
今回は予選突破はもちろん、前回以上の成績を目指します。
スロースターターのこのチームは、試合を重ねるごとに調子を上げていくのですが、初戦でつまずくのが悪いクセ。

今回はそうならないように、監督・コーチも「初めの試合が肝心!」と選手を送り出しました。
前半戦、ハイボールに対して空中戦で戦おうという気持ちがあまり見られず、もどかしい流れが続きます。
ダイレクトパスで相手を崩し、センタリングからのボレーシュートがキーパーにキャッチされるという見せ場もありましたが、相手のカウンターを受ける危ない場面も何度かありました。
ハーフタイムに、「あたりを強くすること。君たちならもっとやれる!」と話をして後半戦に入りました。
選手たちも、前半戦よりも戦う姿勢を見せボールをキープできるようになり、次第に太尾ペースへ。
そして残り2分、コーナーキックからの混戦を押し込み、待望の先取点!
残り時間もディフェンスラインを中心に皆が体を張って守り抜き、課題であった初戦を見事勝利で飾ることが出来ました。

vs大曽根SC-B 7-1(3-1、4-0) 得点:Sご×4、Rう×2、Sすけ

初戦を勝利し、選手たちの表情にも少し余裕が見られるようになりました。
良い雰囲気でピッチに駆け出した選手たちでしたが、油断は禁物です。
試合開始から前線の選手にマンマークがぴったり付く展開で、なかなかラストパスがつながりません。
それでも、このチームで要の真ん中を任されるRうがミドルシュートを放つなど、状況を打開しようとする動きもみられました。
前半戦も半分を過ぎた頃、コーナーキックのチャンスからSごがキーパーと競り合いながらヘディングシュート。ゴールに吸い込まれ待望の先制点。
このあとさらに1点を加え、迎えた相手ボールのコーナーキック。マークがあやふやで、ベンチから見ていて大丈夫かな?と心配していた予感が的中。簡単に相手をフリーにさせて初失点を喫しました。
すぐに1点を返したものの、前半戦を終えて戻ってきた選手達に、「君達はこんなものか?もっとやれるはず!」と監督から熱い檄が飛びます。
選手たちも目が覚めたのか、後半戦は戦う姿勢が戻り、攻撃ではサイドからの崩し、守りでは1対1の局面で負けない守備ができるようになりました。
結局、後半にも4点を加え、7対1で勝利することが出来ました。

大会1日目を終え、2戦2勝と上々のスタートを切ることが出来ましたが、課題の一つであるセットプレーから失点してしまったことは反省点です。
この反省点をみんなで共有し、修正して明日の2日目に臨みます。
明日は予選突破を占う大事な2試合が控えています。スタッフ・サポーターみんなで選手たちを支え、盛り上げていきましょう!

Mコーチ

広告