【3年LL-C】区大会 上位学年に健闘も2勝4敗で終了

■港北区大会予選2日目
■日程:2014年11月29日(日)
■場所:大豆戸小学 校
vs つばさ戦 3-0 (3-0, 0-0)
vs 菊名戦  0-5 (0-3, 0-2)

区大会2日目です。
一試合目のつばさ戦。
ともかく先制して気持ちを乗せていきたいというパターンに見事はまりました。
開始1分に右サイドからのクロスに、ヘッドでゴール。
その後もボールの支配は続き、ゴール前にボールが転がり込み待望の2点目。
この他にも惜しい場面が何度もあるなど、みな良い動き。

その後、終了間際にキャプテンが相手のスローインを奪取し、6人抜き(本人談)をしてのゴール。
久しぶりに披露した華麗なドリブル。素晴らしい。
後半はまだ日の浅いメンバーもゲームに参加し、結果的に0点ではありましたが、ガッツあるプレーも観られました。
気持ちはとても大事。そ して、それを忘れず日々の練習で足下をしっかり磨いていこう!

二試合目 菊名戦。
相手の胸を借りるつもりでの勝負。
前半しばらくは相手の猛攻が続いたものの、なんとかしのぐ展開。
が、7分、何度か太尾FCのゴールキックが続き嫌な感じだったのが、ついに相手に取られ、ふわっと浮かされ先制を許してしまいました。
その後も、一瞬スペースが空いたところをミドルシュートされ1点。
更に試合を立て直す前に立て続けに1点。
前半を3失点で折り返し。
後半はメンバーとフォーメーションを変えて望みます。
試合によっては、このくらいの点差が開くと気持ちがガクっ、と落ちてしまうこともあるのですが、この試合は気持ちが途切れること無く
懸命に食い下がります。
ただ、幾度となく攻め上がられ走り回されるうち、サイドから切り込まれループシュートを放たれてしまいました。後半1失点目。
結局終了直前にさらに1点追加され終わってみれば 0-5。
試合内容的には正直そこまでの力の差があるとは思えませんでしたが、この点差はボディーブローのように効くプレスと、それによってわずかに緩んだ気持ちなのかもしれません。
確かに技巧も重要ですが、知らない間に相手の体力と気持ちを削ることができるような相手へのプレッシャーがかけられるように、スタッフとしても日頃からのコーチングが必要なのだと痛感した試合でした。
(Muコーチ)

2日目までに4年生チームに3敗してしまい予選突破の可能性が無くなったCチームですが今日は3年生チームとの対戦です。

■港北区大会予選3日目
■日程:2014年12月7日(日)
■場所:大豆戸小学 校

第一試合
太尾FC-C 4-0(1-0,3-0)城郷B

第二試合
太尾FC-C 0-4(0-2,0-2)大豆戸C

第一試合 vs城郷B
序盤からミスの目立つ展開が続きました。どうも気持ちが乗りきらずいやな雰囲気でしたがワンツーから抜け出して1点!
しかし、前半はその1点のみで終了。好機を作るもフィニッシュをしっかりと出来ず不満の残る前半でした。
後半はメンバーを変更しフレッシュな顔触れに。
前半の重苦しい雰囲気から一変し直接FKからのビューティフルゴールやコーナーからきっちり詰めた得点など良いシーンが続出し3得点出来ました。
とはいえ『プレス』をしっかりとする事がうちのリズムを作り出すカギですが全員同じベクトルで迎えなかったのが残念であり反省点です。

第二 試合 vs大豆戸C
最終戦は、ご近所大豆戸さん。どこまでやれるか楽しみな一戦です。
序盤は一進一退の攻防も、DFがクリアボールを自陣ゴール前に入れてしまう痛恨の判断ミス。相手にしっかりと決められてしまいました。
前半の2点目はペナルティエリア内でのファールによるPKのもの。
自陣深い所での判断は難しいですが、これも良い経験。徐々に覚えていこう。
後半は何とか得点をとるべく前がかりになったところをカウンターで1失点。
良いシーンは作ったもののしっかりとしたシュートが打てず無得点。
勝とうという気持ちが相手の方が上回ったのか1つ1つのプレイで競り負けてしまいました。春には雪辱出来るように頑張っていきまし ょう。

以上、秋の区大会は二勝四敗で終了。市大会・区大会を通じて『良い試合はするけど勝てない』試合が数試合ありました。勝てない試合はピッチ内の雰囲気も悪くなってしまっています。
楽しくそして強いプレイが出来るように練習していきましょう。
(Moコーチ)

広告