【3年】U-9 EMSC杯/午前の部

U-9 EMSC杯 午前の部(サブチーム対戦)6人制

◾開催日:2015年1月18日(日) 9:00 – 11:30
◾会場:横浜市立幸ヶ谷小学校

ルール:
フットサルサイズのピッチを使用した6人制。オフサイド無し, PK方法など大会独自ルールあり。

参加チーム:
EMSC(横浜市神奈川区), 富岡SC(横浜市金沢区), 太尾FC(横浜市港北区), 野庭キッカーズ(横浜市港南区),
品濃ウイングス(横浜市塚区), 真福寺FC(川崎市麻生区)

結果: 大会3位 (優勝 EMSCさん, 準優勝 富岡SCさん)
チームMVP: 22(GK)

予選リーグ1試合目: vs EMSC (15分1本)
スコア: 1-2 負け
得点: 10番x1
初戦, 不慣れな環境からか硬さが感じられた。 ピンチの連続だったがGKのファインセーブで持ちこたえた。 一時は同点となり勝利への期待が膨らんだが及ばす敗戦。

予選リーグ2試合目: vs 品濃ウイングス (15分1本)
スコア: 2-0 勝ち
得点: 10番x2
硬さが取れ伸び伸びプレー出来てきた。 FWのきれいなヘッドでの得点, DF陣の頑張り, そしてGKのセーブが印象的だった。

順位決定戦: vs 野庭キッカーズ (10分H)
スコア: 3-2 勝ち
得点: 19番x1, 10番x2
先の2試合でグループ2位となり、勝てば大会3位。トロフィーのかかった試合。朝から徐々に調子を上げてきた流れにのって序盤に2得点。その後相手チームにもエンジンがかかる。
お互いに点を取り合う緊迫した展開になったが最後はなんとか勝利した。

まとめ:
午前の部は, 「いつもはBチームで頑張っている選手に活躍、表彰の場を」という趣旨があり,
このテーマにそって参加メンバー全員が毎試合出られるよう工夫した。とは言え勝つ喜びをみんなで共有したいという点を大切にしたかったので,
出場時間は選手間で差が生まれた。ある程度固定で使った選手は自信を深め, 流動的だった選手からは, 「〇〇のポジションで出たい」,
「ラスト数分で良いからもう一度使って欲しい」といった意欲的な言葉が聞かれた。
チーム優秀選手は, 3試合で5得点を挙げた10番くんと迷ったが, 素晴らしい動きで数々のピンチからゴールを守った22番GKくんで最終的にまとまった。
Bチーム大会とはいえトロフィーやMVP盾は一般的なカップ戦と変わらぬ立派なもので,
日頃チャンスの少ない選手並びに応援に駆けつけたご家族の方々の喜びはひとしおだったと思う。 これをきっかけにサッカーをもっと好きになって,
練習への取り組み姿勢やプレー向上につなげてほしい。
本カップ戦を企画/ご招待いただいたEMSCさん, サポートと応援くださったパパ・ママの皆さんに感謝いたします。

(Tsuコーチ)

サブメンバの大会、このあたりの配慮は非常に嬉しい。
太尾FC3年生も22名となり、本気勝負の大会参加は大きな経験になります。
ぜひこのような試合を太尾FCでも企画したいものです。
ジュニアサッカーは、ボールに触れる機会が多ければ多いほどうまくなります。
サブメンバはこの部分が足りていない選手が多く、
このような大会がきっかけとなることを願っています。

(N監督)