【3年】U-9 EMSC杯/午後の部

U-9 EMSC 杯 午後の部(レギュラーチーム対戦)6人制

◾開催日:2015年1月18日(日) 12:00 – 16:00
◾会場:横浜市立幸ヶ谷小学校

<グループリーグ(予選)>

◯ 第一試合  vs 真福寺 戦
結果 3 – 2
得点:14番、9番、20番
12分一本の6人制での本大会、入り方に戸惑いがあった感じでした。
コートも小さいため、素早い判断と展開が必要です。
どうもスロースターターの我がチーム、開始直後はもたつきます。
14番が見事なシュートで先制をするも立て続けに2点を奪われ先行を許し嫌な展開。
しかしようやくエンジンがかかってきたか、エースが同点ゴールを決めると、最後は残り1分で20番が鮮やかなヘディングシュートを決めて逆転し、からくもしょうりをえました。
真福寺さんは判断テンポよく試合を運ぶ良いチームだっただけに、幸先の良いスタートを切れてラッキーでした。

◯ 第二試合 vs 野庭キッカーズ戦
結果 0 – 2
試合展開がとても早い試合。
というよりも、野庭さんが素早い判断で試合を運んだ、といったほうがいいかもしれません。
太尾はそれに釣られてついていく、といった印象でした。
時に狭いコートをうまく左右に振り、時にドリブルでしかけてゴール前まで持っていく野庭さん。
太尾は9番と11番がシュートを放ちますが、ポストに嫌われたり、わずかに逸れたりとゴールが遠い。
試合は残り2分、相手にヘディングシュートで先制されると立て続けに2点目を奪われそのままゲームセット。
技術的な上手さもさりながら、判断力の差が出た気がする試合でした。

◯ 第三試合 vs ゴレアドール横浜 戦
結果 6 – 0
得点:9番(3点)、14番(2点)、24番
終始自チームが有利にしあいをすすめるてんかいとなりました。
試合開始から5分の間に9番エースがハットトリック。
14番も積極的に攻めに行き、2得点。
そして、24番も途中出場して常に攻めの姿勢を貫き、見事ゴール。
この試合ではボールと相手に臆することなく向かい、積極姿勢を崩さなかった選手がゴールを決めています。
普段レギュラーにいる選手も、慣れが出てうかうかしていると、誰にその座を奪われるかわからない、チーム内戦国時代が来た感があります。

(Muコーチ)

<順位決定戦・トーナメント戦>

◯ 準決勝
vsEMSC戦 1-1 PK1-2
得点者:14番

準決勝はEMSCさん。序盤から相手チームの猛攻を受け厳しい戦い。相手ペースで1失点。終了までそのままいきそうな感じでしたが終了4分程前にリスタートのボールがゴール前に入ったところヘディングでゴール!出し手、受け手のアイコンタクトが見事にはまった。(と本人談。。。)双方気合の入ったプレイであったが同点のまま終了。3本戦のPK戦では2本外してしまい残念ながら敗戦。

◯ 3決      vs野庭キッカーズ戦3-1
得点者:11番2点、3番

3決は予選で完敗した相手。この戦いでは、技術が高く細かくボール回しが出来る野庭さんに対してしっかりとプレスが出来ました。前半2点はスルーパスから同じような形で2得点。後半1点返されるもGKのスーパーセーブ連発やDFの頑張りもあり、逆に追加点を奪いそのままゲームセット。

結果は堂々?の3位。
チームMVPは決勝トーメントでナイスセーブ連発のGK1番へ。(おめでとう~)

今回のカップ戦は、色々な個性あるチームと対戦が出来選手たちにとって刺激となった1日でした。
招待頂いたEMSCさんありがとうございました。(前夜祭も楽しかったです。)

(Moコーチ、Yaコーチ)

この学年のEMSCさんは、ホントにいいサッカーします。
サブメンバもしっかり鍛えられていて、
コーチングがいいのだろうなあと感じさせてくれます。
太尾FCも胸を借りていた状態から、
そこそこいい勝負の試合ができるようになってきました。
午前午後共に、EMSCさんにはあとちょっとの所まで来たのですが。。
そこが優勝と、3位の違いかな。
我々も負けずに選手たちをしっかり育てます。乞うご期待。

(N監督)

広告