【1年】初めての市大会!

42回横浜市春季少年サッカー大会の結果報告(SL1年生)

◇試合結果

太尾FC-B:0-11:あざみ野FC-B

太尾FC-B:0-3:上中里SC

太尾FC-B:0-8:瀬谷FC

太尾FC-B:0-12:今宿少年SC

太尾FC-B:0-12:小山台SC

太尾FC-B:0-2:磯子ファイターズ

 

新1年生にとって初めての公式戦、予選ブロックは2年生単独チームもしくは1・2年生混成チームばかりです。

1年生単独での参加は太尾FCのみ、試合内容ももちろん大切ですが、遠征先での挨拶・人の話を聞く姿勢やサッカーのルールを覚えることも大きな大会期間中のテーマです。

 

試合に関してのテーマは2つ!

①    一生懸命走り回ろう!

②    相手ボールを積極的に取りに行こう!

この時期の1学年の体力差は大きく、技術的にはこれから徐々に身に付けて行くので、選手達には多くの失敗の中から選手なりに考えてプレーすることを求め、出来るだけヒントを与えて答えを言わないようにしました。

キックも飛ばない、ドリブルもこれからなので、当然押し込まれます。ゴールキックはピンチの連続です。

そんな中でも3日間を通じて積極的に相手ボールを取りに行く選手が増えてきました。もちろん取りに行けない選手もまだまだ多いですが、焦る必要はありません。

選手の性格や成長には個人差がありますので、もちろん走ることやボールを取りに行くことは、これからもチームとして求めていきますが、1ヵ月前よりそれぞれの選手がちょっとでも成長することが大事です。

試合結果だけみると、1得点することが出来ず、大量失点した試合もあり、残念な結果だったかもしれません。

しかし選手は貴重な三日間を経験することが出来ました。

 

又、本当に多くサポーターの方に応援頂き有難うございました。

今後とも選手達への温かいサポートを宜しくお願いします。

広告