【2年】区大会予選ブロック編

2年生の公式戦は春・秋にある市大会と区大会です。

1年前は市大会同様、春の区大会の結果は、予選ブロック0勝5敗、得点0失点60の最下位。

 

これまで半年以上の時間を掛けて、『プレスを掛けて相手のボールを取り(奪い)に行く、自分がボールを取られたら奪い返す』のベースを維持・向上しながら、『脱、お団子!』をテーマに取り組んできた選手達。

『周りを見て状況把握・判断』、『適当に蹴らないで、広いスペースにボールを運ぶ』、『攻守でのサポートの意識』、この意識を高められるか、楽しみな大会です。

 

そして向かえた予選ブロックの対戦チームは、YMCA-SCさん、城郷SC-Aさん、駒林SC-Bさん、篠原つばめSCさん、大豆戸FC-Aさんです。

1年生単独チームはなく、2年生単独もしくは1・2年生混成チームとの試合という、市大会同様接戦が予想されるブロックとなりました。

そして結果は皆さんご存知の通り、

予選ブロック第1日目

太尾FC:2 – 2 :YMCA-SC (得点者:ユウセイ・チハル)

予選ブロック第2日目

太尾FC:1 – 0 :城郷SC-A (得点者:レイ)

予選ブロック第3日目

太尾FC:1 – 0 :駒林SC-B(得点者:レイ)

太尾FC:6 – 0 :篠原つばめSC (得点者:タイチ・シュンスケ☓2・コウノスケ・チハル☓2)

予選ブロック第4日目

太尾FC:0 – 1 :大豆戸FC-A (得点者:-)

 

大会初戦となったYMCAさん、市大会でゴールを守ってくれた一人は家の用事でお休み、もう一人は前日に発熱、最近の交流戦を含めGKを任せていた二人がなんとお休み。

当日急遽GK探し、二人の選手にLOVE CALLをするも、『ゴメンナサイ』と撃沈、えっ もしかして監督人気ない??。

三人目に声を掛けた選手は、『いいよ!』との返事、Thank you Azzurri !!

試合はポゼッションも高く、押し込む時間は多いが決めてを欠く展開、なかなか得点出来ないのはいつものこと??

そんな中、後半になり右MFのユウセイがGoal!!

このまま追加点と思いきや、気持ち的に守りに入ったのか押し込まれる展開も多くなり始める。

自陣ペナルティーエリア内、人数はいるものの『体を投げ出してでも、絶対ゴールを守る』という気持ちが・・・ちょっと足りない。

そんな時間帯、一瞬のスキを突かれゴールを許す、しかも立て続けに2失点。

もしやの敗戦と思った終了間際、うまく抜け出したFWチハルが見事ゴールを決めてくれて、何とか引分け。

 

2試合目は1年秋に公式戦初勝利を飾った城郷SCさん、秋にはお団子サッカーの両チームが、お互いちょっとグランドを広く使う意識持ち、成長したプレーを見せる両チーム。

この試合もポゼッションも高く、押し込む時間が多いいつもの展開、得点出来ないのも、これまたいつもの展開。

そんな中いつも左MFで良いポジションを取ってくれるレイが、うまく抜け出してシュート!これはGKのナイスセーブで弾かれるも、シュートのあとゴールに詰めていたレイのところにボールが、それももう一度シュートし、Goal!!!

この試合は、この1点を守りきり1-0で見事勝利!

 

3試合目の駒林SC-Bさん、同じ2年生のBチームですが、YMCAさん、城郷SCさんとも引き分けている好チーム。

そしてこの試合に勝てば、決勝トーナメントが見えてくる大事な一戦。

この試合選手全員が、『適当に蹴らないで、広いスペースにボールを運ぶ』意識を持ってプレー出来た試合でした。

2試合連続でレイがGoal!!!を決めてくれて、1-0で勝利!点差以上のプレーが出来た試合となりました。

 

4試合目は篠原つばめSCさん、この試合勝利すると最終戦を待たずに、決勝トーナメント進出決定です。

前半にタイチ・シュンスケ☓2点の計3得点を取れたことから、後半はメンバーを全員交代し選手を送り出す。

後半から出た選手達は、市大会・区大会を通じ、試合出場出来ていない選手がほとんど、そんな選手達が躍動!!

前半の選手達以上にどんどんプレスを掛け、ボールを奪い、ゴールを目指します。

コウノスケ・チハル☓2点を決めてくれたおかげで、全員出場で6-0の勝利となりました。

 

最終戦となる5試合目、相手は太尾FCと共に予選突破を決めている大豆戸FC-Aさん、予選ブロック1位抜けを目指し両チームの激突!

技術的には大豆戸FCさんの方が上、でもお互いの選手達が『勝ちたい』という思いでプレーしている好ゲーム。

前半は0-0で折り返すも、後半に失点、選手達は全力でプレーしゴールを目指すも、一歩及ばすこのまま終了のホイッスル。

『全力プレー!全員攻撃、全員守備!!』で良く頑張ったと思います。

 

試合に出場出来なかった選手、今回も本当に一生懸命応援してくれました。

『チーム一丸!』で予選突破を決めることが出来ました。

そして目標にしていた決勝トーナメント進出を決めてくれた選手達!!

 

春の市大会、そして区大会予選ブロックを通じ成長した姿を見せてくれた選手達、『適当に蹴らないで、広いスペースにボールを運ぶ』意識は向上しました。

『攻守でのサポートの意識』も良くなっています。

ボールを持っていない選手(時)の『周りを見て状況把握・判断』が良くなれば、もっと良いサッカーが出来ます。

技術(スキル)はすぐには上手くなりません、ボールコントロールやドリブル、練習を通じて上手くなっていこう!!

 

サポーターの皆さんも、今回もホームのような雰囲気を作って頂き、本当に有難うございます。

太尾FC2年生には自慢出来ることがあります、それはサポーターの方々が熱心なところ、自分の子供以外も親身になって応援してくれます。

そんなすばらしいサポーターの姿を見ているから、ベンチの選手も一つになれるのだと思います。

選手は皆さんの応援を背に頑張っています。

 

幹事チームの駒林SCさんには、本当にお世話になりました。

駒林SCさんのスタッフ・サポーターの方々、有難うございます。

又、フレンドリーマッチを組んで頂き、お蔭で選手達は本当に楽しそうに、又、一生懸命にプレーしました。

 

サッカーが楽しい!これをベースに優勝目指して頑張るぞ!!