【1年】市大会勝ち点4と大健闘!

第46回横浜市春季少年サッカー大会 5月26日大会3日目。
会場:あざみ野第1小学校

U-7主体で取り組んだ
U-8 14ブロック

太尾FC 0-3 駒林SC-A
前半0-2 後半0-1

太尾FC 0-0 AZK-G
前半0-0後半0-0

この大会、1年生で勝ち点4を
選手たちが、サッカーを楽しんだ。。

けど…選手たちの半分が
出場出来ない試合が多かった。。。

27名の選手たちと、その家族が
色々と考えた。
1年生の挑戦が終わった!そして…
始まる!

この学年も楽しめそうです。

(M川監督)

————

横浜市春期少年サッカー大会U814ブロック
1年生全24名(エントリー締切時点)で臨んだ初の公式戦。
4戦消化した時点で1年生ながら1勝3敗と大健闘!
1戦ごとに逞しく成長していく様子がはっきりと確認できて頼もしい限りです。

さて、最終日の初戦は同じ港北区の強豪駒林SCさん。
立ち上がりから圧倒的に攻め込まれますが、粘り強く守り得点を許しません。
枠に飛んだシュートをヘディングでクリアしたYた君、怖がらず強いシュートを
何度もストップしたGKのKだい君をはじめ皆んなよく走りぬきました。
結果は0−3の敗戦でしたが、ナイスゲームでした。

最終戦は幹事チームとしてご尽力いただいたAZK-Gさん。
試合前に選手達とまだ今大会実現していない「2得点を挙げての勝利」を目標に
ゲームに臨みました。

押されっぱなしの前半を何とかしのぐと、後半は一転押し気味の展開。
惜しいシーンも何度かありつつも惜しくも得点ならず、0−0でスコアレスドローに終わりました。
大会を通じて全員で攻めて守るお団子では「キツい!」と気付き、
守備に人を置いた方がいいと気付いて試してみたらうまくいったね。
サッカーでとても大事なことがボール争奪の局面で怖がらないということです。
2年生のお兄ちゃん達に少しビビったけど、勇気を出して立ち向かえましたね。
お団子からのドリブル突破!の限界に少しずつ気付いてきている様にも思えます。

さて公式戦ということもあり、多くの選手に出場機会を作ることができませんでした。
残念で悔しい思いをしましたね。
この悔しい思いを今後の成長の糧にしてほしいと切に願います。
誰よりも沢山ボールに触って、沢山練習することしかないかな。
近道は…ない。

そして、またすぐに公式戦である区大会が始まります。
ありがたいことに1年生で2チーム登録できましたので、
今度はもっと沢山の選手に出場機会があると思います。
港北区の上級生のお兄ちゃんたちにしっかり鍛えてもらいましょう。

連日サポート、応援いただいたご父母の皆様、ありがとうございました。
子供達の成長がとても楽しみですね!
対戦して頂いたブロックの各チームの皆様、
そして幹事チームのあざみ野キッカーズの皆様、本当にありがとうございました。

(Y﨑コーチ)