【2年】市ベスト4、初進出!

第51回横浜市国際チビッ子サッカー大会
2019年11月10日(日)
会場: 深谷通信隊跡地 グランド

決勝トーナメント表(横浜市サッカー協会のホームページリンク)

【決勝トーナメント2回戦】
◆太尾 FC 1-0 FCオフサイド
前半1-0 後半0-0
得点Yしのぶ

【準々決勝】
◆太尾FC 2-0 横浜すみれSC-P
前半1-0後半1-0
得点Sら・Hなた

今日はさぁ〜
子供達が自ら試合間での切り替え
試合中での切り替えを上手く
自分でコントロールできた1日でしたね。

勿論、ベンチのメンバーも自分の気持ちをおさえて
一所懸命に声を出しているのは聞こえていました。

基礎練習という同じ事の繰り返しを
情熱と向上心を持って取り組んでくれた結果だと思います。

そして、その中でも主体的に取り組んだ選手が
そのポジションを勝ち取ったんです。

今までのサッカーで、相手からも学ぶ姿勢で楽しんだよね。

今日も感情が溢れて涙が止まらない
同じ歳のサッカー選手がいました。

ちょっとの差での結果は3つですし
大人でも、努力しても自分ではコントロールできない事もありますね。
だから、僕達は、沢山の失敗からでも
学ばなければいけないんだよね

高い目標を持って、もっと楽しみましょう。
限界はあるかもしれないけど
その限界をみんなで押し上げてやりましょう。

サポーターの皆様
本日も沢山の応援ありがとうございます。
選手たちは、いつもの紅白戦でも
勝ち、負けに拘りを持ってサッカーをしています。よりその事が盛んになるかと思います。
この時に勝つ事だけではなく
負けた相手を慰めたり、他の子を応援したり
する姿も見られます。これらを学ぶ事で
勝負を楽しめるようになります。また、
良い準備では、「自分でやりなさい!」は
そうですが、時間を作って一緒にしてみては
いかがでしょうか?
お父さん、お母さんの気持ちを伝える
良い機会となるかと思います。
是非、トライしてみて下さい。
今後も宜しくお願い致します。

(M川監督)

———————-

今日は試合前「全力で攻めていいぞ」といいました。
攻撃が好きな選手たちはみんな好反応。

でも「その代わり全力で守れ」
「奪われたボールは1秒でも早く取り返すぞ!」。

 

今日の試合見ていた方はわかると思いますが、
選手たちはその通りやってくれましたよね。
すみれ戦で打たれたシュートは1〜2本だったと思います。

夏以降、攻撃が好きな彼らに特に守りについて強く意識させてきました。
・奪われたボールを全力で取り返す前線からのプレスバック(サンドイッチ)。
・ボールを持っている相手を止める(通せんぼ)。
・素早くカバーリングのポジションを取る(お助けマン)。

サッカーは攻守一体。
攻めが9割くらいだった彼らの意識が6:4くらいの意識に変わってきましたね。

特に強い相手に攻撃だけで勝つのは不可能です。
この練習を夏以降やってきたことで、前線でボールを奪うシーンが多くなり、得点にも繋がってました。

 

そしてなによりも基礎技術。しつこくやってますよね〜。
けど、決勝Tみても、基礎技術の高さを見せつけてくれてます。

でももっと強い相手にも通じるよう、さらに精度を高めていきたいです。

さて、まずは市大会決勝を目指します。その後チャンスがあれば140チームの頂点を獲りに行きましょう。
勇気を持って、やれることを全部出し切れるよう準備が大事です。

 

ってことで、
今大会、ベスト4以上はチーム史上初めてのことなので、とても素晴らしいです。

先輩たちの話ですが、
以前、5年生が戦う市長杯で太尾FCはベスト4の経験がありますが、それ以来となりました。
またU10(4年生)の2部のブロックでU9(3年生)のチームが市大会3位という成績もありました。

先輩たちの成績に敬意を払い、次は先輩たちを驚かせれるよう頑張りましょう!

(I宮助監督)